資産レコードの項目で資産のライフサイクル上のステータスが管理できる

ライフサイクル上のステータスは、例えば、受領待ち、キッティング中、ユーザー出荷済み、稼働中、メーカー修理中、遊休保管中、廃棄済、など、ステータスによりアクションが求められるものや、遊休資産など再配置の対象となる資産を特定できる。

タグ:

コメントは受け付けていません。