ライセンス年次補正に対応する担当者が各事業部門ごとに現在消費しているライセンスおよびこれまでの履歴からトレンドを把握することができる

MS、Adobe、Oracle、SAP などの契約の状態にもよるが、年次補正作業が求められる場合において、年次補正を担当する要員が必要となる当該ソフトウェアメーカー毎の所有ライセンス契約および使用中のライセンス一覧から、過去のライセンス契約やライセンスの消費動向などの情報へアクセスできる

タグ:

コメントは受け付けていません。