サービス・カタログとの連携をサポートし、標準化された資産をマスター参照・共有しサービス・カタログ上の製品と紐付管理することが可能である

IT資産管理ツールが、ユーザーの資産リクエストを自動的に処理するサービス・カタログとの連携をサポートし、標準資産として資産マスターに登録された製品であれば、あたかもユーザーがAmazon などで買い物をするがごとくに標準資産を選択して申請することが可能となる。

コメントは受け付けていません。